ど素人から毛を生やす。<延>

ヤマトマスタパックから配送可能日数・指定可能時間帯を算出する

Web > EC 2023年9月26日(最終更新:8月前)

どもです。
ヤマト運輸では郵便番号からお届け可能日時を検索できるサービスがあります。
このサービスに使用されるデータは、ヤマト運輸からダウンロードが可能なので、これを自社システムに組み込むことで、自社システム内でお届け可能日時を算出できます。

しかし、このマスタパックと呼ばれるデータは、ヤマトにお問い合わせしないと詳細な仕様書が貰えません。
で、ちょっと困ったことがあったので、最低限の読解をするための備忘録を置いておきます。

マスタパックには複数のファイルが含まれていますが、このうち、使用するのは
・YMSTPOST.DAT
・YMSTTIME.DAT
この2ファイルです。

YMSTPOST.DATから、2つの仕分けコードを取得

まず、YMSTPOST.DATを開きます。

最低限なら必要な情報はこれだけ。
発送元・発送先の郵便番号それぞれを検索し、対応する5桁の宅配便コードorメール便コードを控えます。

正確にはこの2種のコードは「仕分コード」といい、後ろ2桁を含んだ各7桁までが「仕分コード」です。
しかし、この先の作業で必要なのは先5桁だけです。
発送元は、先3桁だけです。

YMSTTIME.DATから、お届け可能日時を算出

YMSTTIME.DATを開きます。

郵便番号0010000から0010000にメール便を送る場合、配送元のメール便コード先3桁[000]と配送先のメール便コード先5桁[00052]を合わせた[00000052]行を参照します。
最短お届け日[02]日、最速指定可能配送時間[08]時を取得できました。指定可能配送時間が[99]の場合、時間帯指定ができません。

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)