ど素人から毛を生やす。<延>

[MySQL]HeidiSQLでうっかり重いクエリを流してフリーズしてしまったときの確認事項。

Web > Other 2024年2月20日(最終更新:1月前)

どもです。

MySQLの操作でHeidiSQLを使用した際の失敗談。

HeidiSQLを使用し、とあるクエリをとあるDBに流しました。
そのクエリは今まで他のDBにも流したことがあるもので、1分以内に結果が返る程度のものでした。

しかし、今回はDBの状態が芳しくなく、HeidiSQLが停止してしまうほど重いクエリになってしまいました。
完全に固まってしまったので一旦Heidiを落とし、再起動。

その後の作業、暫くは問題なかったのですが…

あれ、なんか、システムの応答が遅くなってない??
むしろ止まってない???

という状況になってしまい、確認のためSHOW PROCESSLIST; を実行。

したところ、実行したクエリがCopying to tmp table on disk状態でプロセスに残っている!!!!

それ以降のクエリが渋滞している!!!

慌ててプロセスをKILLしたところ、詰まっていたクエリは無事に流れていきました。
クエリ実行でHeidiSQLが固まってしまった場合、ソフトを落としてもクエリは動き続けている…どころか、変な留まり方をしているかもしれないので大変危険。

覚えた…覚えたよ……((((꒪꒫꒪ ))))

この記事は役に立ちましたか?
  • _(:3」∠)_ 面白かった (0)
  • (・∀・) 参考になった (0)
  • (`・ω・´) 役に立った (0)